言語教育研究センターについて

センター長の挨拶

上智大学言語教育研究センターは、上智大学全体の語学教育の立案、実施の責任を負っています。言語教育研究センターでは、英語、ドイツ語、フランス語、イスパニア語、ロシア語、ポルトガル語、中国語、コリア語、イタリア語、日本語、その他のアジア・アフリカ諸語(インドネシア語、フィリピン語、アラビア語、タイ語、ペルシア語、カンボジア語、ビルマ語、2014年度より新たに加わったトルコ語、ベトナム語、スワヒリ語、ヒンディー語)及び哲学科開講のラテン語を含め、全22言語の授業を提供しています。

現代世界は、グローバル化が進み、多言語、多文化が当たり前の世界になっています。また、世界が今日抱えている様々な問題は、昔のような対立や対決を通してではなく、対話を通してでしか解決できなくなっています。そして、そのような対話を実現するためには、勿論実質的な世界の共通語となっている英語の必要性は、今までと比べて、益々高くなっています。しかし、ある特定の国とその人々とより深いレベルで対話をするためには、英語だけでなく、その国で話されている言語が使えることも大切です。

様々な外国語を学び、それを通して多くの文化や価値観に触れる機会を得ることは、今後のグローバル社会に生きる日本人として何よりも大切なことです。言語教育研究センターでは、そのような機会を、授業だけでなく、Language Learning Commons(LLC)における外国語コミュニケーショングループ、学習アドバイザー制度、ライティング・チューター制度、そしてe-learningなどを含めて、皆さんに提供しています。言語教育研究センターは、上智大学における、真のグローバル人材を育成するためのもっとも重要な役割を担っているのです。

Sophia University’s Center for Language Education and Research(CLER) is responsible for developing and implementing language programs for the whole university. The Center provides courses mainly in English, German, French, Spanish, Russian, Portuguese, Chinese, Korean, Italian, and Japanese (as a second language). It also offers courses in other languages (Indonesian, Pilipino, Arabic, Thai, Persian, Cambodian, Burmese, and from 2014 Turkish, Vietnamese, Swahili, and Hindi), as well as Latin, which is offered by the Department of Philosophy.

The world today is becoming more globalized every day with the result that mulitilingualism and multiculturalism is no longer the exception but the norm. The problems which we face in our present world can no longer be solved through conflict and confrontation, but only through discussion and negotiation. In order to perform such negotiations, there is no doubt that the ability to use English as a language for international communication is becoming ever more important. However, in order to negotiate at a deeper and more personal level, the ability to use the local languages is also essential.

In order to survive in this global society, it is essential for us to learn foreign languages and through them make use of the opportunities we have to know and understand the diverse cultures and values surrounding our lives. The Center for Language Education and Research provides these opportunities, not only through its curriculum, but also through the Language Learning Commons (LLC) which provides assistance in learning foreign languages through the Japanese Language Learning Support Sessions, Writing Tutorials, Academic Advisor System, as well as e-learning materials made available to all students. The Language Education and Research Center plays an important part in the university’s goal to educate citizens for our ever-globalizing world.

言語教育研究センター長 吉田研作